脱毛における男女の違い

ムダ毛を気にしている率はやはり、女性の方が男性を上回っていることでしょう。かといって、男性がまったくムダ毛を気にしていないということもありません。最近は、女性があまり毛深い男性を好まないことも影響して、脱毛を考える男性は増えていることがわかっています。

 

 

そして、脱毛をしたいかしたくないかということは、潜在的にどのくらい希望している人がいるのかはかなりの人数に対して調査を行わないとわからないことですし、男女の脱毛の違いはそういった意識以外にもっとはっきり表れている点があります。

 

それは脱毛を希望する部位です。女性は全身のムダ毛全体に対して少なからず脱毛を希望している傾向はありますが、ヒゲはないことがほとんどです。

 

毛深くて悩んでいる女性の中には、ヒゲのように見えてしまう顔の産毛を脱毛する方もいますが、それでもやはり男性のヒゲほど濃くはありません。

 

これに対して男性が脱毛を希望する部位のトップはヒゲで、次が胸毛です。また腕や脛、脚も希望する方はいますが、特に脇や脚に関しては圧倒的に女性に人気の部位です。やはり、露出したときに毛があると恥ずかしい、ない方が恥ずかしいということに性差があるのでしょうね。

 

男性の胸毛が濃い方が好きという女性は多数派ではないようなのですが、では男性の脇もツルツルのほうがいいのかといわれると、男性なのに脇毛を綺麗に処理しているとそれはそれで…という女性の意見が多いようです。実に不思議なこだわりですが(笑)

 

しかしそういった好みの偏りや傾向があるために、それに合わせて脱毛を希望するという男性は少なくないようです。

 

それに、男性からしても、ムダ毛の処理が行き渡っていない女性はずぼらなイメージを抱いて敬遠してしまったり、異性として見づらくなってしまうようなので、お互いと言ったところなのでしょうね。

 

逆に、異性からの視線を気にして脱毛を考えるという点では男女共通しているといえるのかもしれませんね。