ETL脱毛の特徴

ETL脱毛は、電気脱毛と呼ばれている脱毛方法です。電気脱毛は、針を毛の生えているところに差し込んで電気のエネルギーを利用し毛根と呼ばれる部分を壊す(細胞を壊す)ことによって脱毛するという施術です。

 

この中でも具体的な方法は大雑把に言うと3種類あります。その内のひとつは、針の先端部分に電気抵抗のある物質を着けておいて電流を流して(ちょうど電熱器が熱を持ってお湯を沸かすように)毛根部分を焼ききることです。

 

ふたつ目は、針の先端部分から高周波を発生させて毛根部分を焼くことです。みっつ目は、電気を流すことと高周波を発生させることを合わせたものです。
狭い意味でのETL脱毛と呼ばれている脱毛方法は、最初のやり方のようです。

施術する施設の違い

脱毛の施術は、医療機関(クリニック)またはエステサロン等に分かれます。医療機関では、国の資格を持った人たちが診察(カウンセリング)や施術(電気脱毛では、それ用の資格を持った人)を行います。

 

したがって、使用する機器も民間でのものとは同じではなく、料金も高く設定されています。また、使用する機器の違いや施術する人の熟練度から脱毛の効果も民間よりは一般に良いとされています。

 

エステサロンなどでは、基本的に施術ための資格を必要とされていないため、医療機関より一段落ちる機器の使用しか認められていません。

 

エステサロンの協会では電気脱毛の資格を協会独自で定めていますが、義務ではないために信頼度において店ごとに(医療機関と比べて)バラツキがあります。

実際の施術において

実際、この電気脱毛による施術は、数ある脱毛の方法のなかで痛みが一番激しいといいます。医療機関で、この施術を受けるときには麻酔のお世話になることが多いと言います。

 

エステサロン等の医療機関以外の所では、麻酔ができませんのでかなりきついかと思います。この方法での施術は、医療機関(クリニック)で受けるのが良いのではないでしょうか。